• ホーム
  • 肥満症、一人で悩まないで

肥満症、一人で悩まないで

2019年09月26日
体の脂肪を気にする女性

日本においての高齢化社会の到来に関する問題は、日本の根幹をも揺るがしかねない問題ということができます。
その高齢化社会の問題もさることながら、同時に肥満症の問題も出てきています。
現代日本においては、老若男女問わずの傾向ということができます。
多くの肥満症に悩む人が医療機関やスポーツクラブ、美容エステサロンなどに相談に訪れるといいます。
美容エステサロンにおいては、やせるためのサービスとして、全身マッサージなどを行うといいます。

むろん、その施術も有料ですから、利用者も真剣そのものといえます。
当然、結果が求められます。
好ましい効果が見られなければ、通うことをしなくなるため、結果として、そのエステサロンは売り上げが低迷し、廃業に追い込まれるかたちになるといえます。
スポーツクラブにおいては、金額次第では、専任コーチなどがつき、肥満体系からの脱却を目指したメニューが進められるといいます。
もちろん、コーチの指導も大事ですが、本人の食事制限や運動の実施などが不可欠であることはいうまでもありません。

また、インターネットの普及により、自宅にいながらにして、多くのダイエット情報を入手することができます。
多くの情報の中から自分にあったものを選択する能力が問われることになります。

関連記事
医師に相談、連携して肥満症撃退

肥満と一口に言っても、単なる食べ過ぎの場合もあれば、代謝性疾患が原因で肥満症になっているような場合もあります。毎日の必要摂取量を大幅に超えるカロリーを摂取している人の場合は、食事制限や適度な運動などによってダイエットを行う必要があります。肥満になると生活習慣病のリスクが高くなることは周知の事実です。

2019年08月25日
肥満症は病気のひとつです

肥満というとただ単に身長に対して体重が重い状態を指しますが、肥満症とは、治療が必要な病気です。単に太っている状態とは区別し、医学的に治療が必要である状態を肥満症と呼びます。肥満症自体に症状は無く、肥満の状態から引き起こされる様々な病気が起こることがあります。多くは糖尿病、高血圧、動脈硬化を引き起こし

2019年08月10日
肥満治療ガイドラインは一般人には難しい

肥満治療ガイドラインなどにもあるように、体重による肥満の診断がなされています。健康診断を受けるとBMIを用いて表示されています。日本肥満学会基準によると、このBMI数値が18.5未満の場合は低体重だとされています。25.0未満は普通体重でそれ以上になると30.0未満の場合は、肥満1度、35.0未満は

2019年07月21日